モバイルデバイスについて TOP

このサイトについて

最近は何でも持ち歩きができるようなコンパクトな物が流行っていますよね。
携帯電話もそうですし、パソコンもゲーム機も… 全てが持ち運びできるサイズにまで小さくコンパクトになってきました。
十数年前までは、携帯電話もショルダーバッグ並みに大きく、パソコンもデスクトップの大きな物が主流でした。
それを考えると、とても便利になったなと思います。
そして、この持ち歩きできるような機器を「モバイル」とか「モバイル端末」とか言いますよね。
なんとなく意味はわかるけれど、そもそも「モバイル」とはどのような意味で使うのでしょうか? モバイルとはそのまま直訳すると「携帯できる・移動できる・動きやすい」という英単語の意味があります。
こう聞くと、携帯電話などをモバイル端末という意味が理解できますよね。
また、機器だけでなく情報やシステムなどの一部も「モバイル」という単語を使うことがあります。
モバイル端末などのために開発されたソフトウェアなどの名称に「モバイル」という単語が使われていることもあります。
要するに携帯しやすい持ち運びやすい機器のこと以外にも、情報やシステム・ソフトウェアなど、幅広い意味で使われているということですね。
なんとなく理解できるような気がします。
現代人は仕事などで時間があまり取れないため、仕事でもプライベートでも持ち運びやすいモバイル機器やそのソフトウェアなどは、私たちの生活に欠かせない物ということですね。

    メニュー

    おすすめ情報

    ビジネスグループ内の通話料が無料に、ビジネスグループ外への通話料も回線数に応じて割引されるホワイト法人を考えているなら、1,000円(税抜)/回線の無料通信料付きで、余った分は社員間で分けることが出来るのでオススメです。
    中継電話会社を使わない直収回線なので基本料金が安く抑えられる固定電話から無料通話が出来るサービスを探しているなら、一般電話に加入する際に必要な電話加入権(36,000円税抜)が不要なのでオススメです。
    サービス解約にかかる費用を全額負担してくれるおとくラインのキャンペーンを考えているなら、3回線以上で初期費用0円になるキャンペーンもあるので、安心してサービスを受けることが出来ます。
    基本サービスは今まで通りで、電話加入権不要のソフトバンクのおとくラインを考えているなら、便利な付加サービスも充実していて料金も安く出来るので、会社のコスト削減にオススメです。
    Copyright(C) モバイルデバイスについて All Rights Reserved.